バイク乗りも人間です。

憧れたVMAXでのリターンライダーの忘備録

「Vブースト 3000回転」 【VMAX】

VMAXにはVブーストという少々頭のイカレタ機能が付いています。

*1

 

V型エンジンの特徴を上手に使った、凄い発明だと思います。

昔は6000回転からツインキャブになるで通じる事が多かったけど、

 インジェクションが主流の現在ではどういう説明が分りやすいのかな?

6000回転からはガソリンを2倍使う供給するモードがあるって感じかな~。

 

この素敵な機能を半分の3000回転から使えるようにする仕組みが先人達により確立されており、安価にパワーアップ?が体感できるのである。

 

 

実は 納車前から楽しみにしていたVブーストだが、こんなものか?

3000回転から発動できれば、もう少し体感が変わるのか?

と言うのが導入のきっかけだった。

が私には全く体感できないのでした....

 

2stが好きで、加速感に体が慣れ過ぎているのか?

真剣に悩みました。

 

結果、驚きの事実が発覚した。

何と私が購入したVMAX Vブーストが機能しておりませんでした^^;

ブーストコントローラーが壊れていたみたい。

*2

勿論、初期不良で対応してもらいました。

 

結局、私のVブースト初体験はコントローラーの確認の為、3000回転での発動というイレギュラーな初体験となりました。

 

3000回転キットはトルクがモリッと上がるのですぐに体感できました。

なにせ6000回転からでは高速道路でないと怒られてしまうスピードまで連れて行かれてしまいます。

 

Vブーストは私が想像していたものよりは大人しい印象でした。

2st パラツインの様な加速感を楽しむには 3速で低回転からアクセル全開で回していくと、官能的な加速感を味わう事ができます。

気を付けなくてはならないのは、高速と言えども怒られるスピードに到達するのでクローズドコースで楽しむ事。

クローズドコースじゃないと危ないのは、加速中は全く停まれる気がしない事。

 

やはり300kg近い車体を2倍の燃料を使って加速させているので勢いが付いたら止れませんからね。

 

 

このVブースト、フルタイムで発動する事もできるのですが、6000回転からの加速感が2stっぽくて自分は好きですね。

 

古い時代のギミックですがVMAXがVMAXたる所以だとも思います。

YAMAHAさんには是非パーツの供給をお願いしたいと切に願います。

 

 

 

 

*1:後に発売される国内仕様には付いていません

*2:現在、コントローラーは新品では手に入らない為、某オク等で購入するしか手立てがありません。

ただ、やはり中古などで届いた商品が壊れている事が何度かありました。

私は3回、購入しており新品が購入できるくらいの出費をしておりますので 是非新品の流通をYAMAHAさんにお願いしたい処であります。