バイク乗りも人間です。

憧れたVMAXでのリターンライダーの忘備録

「塗ってみた」 VMAXダミーダクトを自家塗装

2016年7月の事なので随分前のお話しです。

写真もビフォーアフターしかありませんが忘備録として残しておきます。

 

 

 

 

 

準備編

ヤフオクで錆だらけのダミーダクトを落札

・塗装を剥ぐ(剥離剤+サンドペーパー)

 

塗装編

・プラサフを吹く

・ブラックを吹く

・クリアを吹く

・ホワイトで墨入れ

 

スプレー缶で塗装しました。

しかもホームセンターで購入した180円位の「つや有ブラック」と「クリア」です。

全てラッカー塗料です。

クリア位は2液ウレタンでとも思いましたが、VMAXの場合ガソリンタンクもダミーの為、給油時に塗装を痛める事も有りません。

物は試しにと格安ラッカーで済ませてしまいました。

 

材料費

・プラサフが一番高かくて1,500円位使ったと思います。

・塗料 ブラック×2、クリア×2、ホワイト×1 で1,000円程度!!

 

感想

割とキレイに塗れたし引き締まった印象になりました。

 

課題

錆や腐食部分は平らになっていても足りません。

完全に腐食部分を削り落とす必要があります。

サーフェイサーはキレイに乗りますが、塗装は弾いてしまいます。

 

キレイに塗れたのならクリア位はウレタンクリアを使いましょう!

艶と耐久性が随分違います。

 

 

あとがき

この1年後、誤ってブレーキオイルが飛んでしまい塗装がにじんでしまいました。

年末のお休みを使って再塗装をしました。

ラッカー塗装の上にウレタンクリアーを吹きましたが艶感は段違いでした。

ヤフオクに業者塗りと謳われたダミーダクトが出品されていたので試しに落札してみました。

自家塗装品並べてもパッと見は分らない位には素人でもし上げられたと思います。

 

昔から言われている事ですが、塗装は下地が大事!!

地味な作業ですが下地さえキチンと施工が出来ていれば仕上がりは満足できるものになると思います。

逆に下地が適当なままではプロでも綺麗にはし上げられないと思います。

 

自家塗装には暖かい季節が良いと思います。

冬場に塗装した際は1週間経っても乾ききりませんでした。

かつ我慢できずに天候が怪しい時に塗ったら小雨が降りだし散々な目にも遭いました^^;

 

いずれオールペンにもチャレンジしたいと思い、外装一式を準備しました。

ただ住宅街でシンナー臭を漂わせるわけにもいかず、塗装できる場所が見つかるまでは難しそうです....

 

 

 

最後にビフォーアフター

※ダミータンク取付前

 

ビフォー

f:id:zoku-ningen:20191111130320j:plain

f:id:zoku-ningen:20191111130314j:plain

 

アフター

f:id:zoku-ningen:20191111130303j:plain

f:id:zoku-ningen:20191111130254j:plain